買って・試して・レビューする! 自腹でモニターするおかいもの生活の記録。 私のあんてなに引っかかった1品を良し悪し関わらず発信中♪
HOME      ABOUT THIS BLOG      PRIVACY POLICY      RSS 1.0      ATOM 0.3      CONTACT ME
<< いち髪 桜の香り満開セット | HOME | スターバックス アズキクリームフラペチーノ >>
生活の木 ロールオンボトル
【評価】 ★★★★☆

【感想】 火傷や虫刺されのケア用に、真正ラベンダーの精油原液を入れてます。塗りやすくて凄く便利。

【購入】 283円 快適生活shop Layla

【商品情報】 こちらこちらからネットで購入できます

生活の木 ロールオンボトル


Laylaの真正ラベンダーにハマってます。
左の画像のリンク経由でネットから購入できます

安眠に効くらしいという知識は聞きかじった程度にありましたが、元々ラベンダーの香りにそんなに興味があるわけではなく。
しかし、送料無料のお試しミニセットこちらからネットで購入できますで取り寄せてみたら、これが結構ツボ。
今までに経験したラベンダーの香りとは違い、甘く優しく包み込むような上品で深い香り。
試しにコットンに1滴染み込ませて枕元に置いて寝たら、思いのほか深くゆったり眠れました。
これは寝つきが悪く不眠症気味の自分にとっては衝撃的な出来事。

これで興味を持ったので調べてみたら、ラベンダーの効用って凄いんですねえ。
いろんな精油とのブレンドの相性もよく、安眠・リラックスだけでなく、火傷・虫刺され・鎮痛・殺菌・消炎・防虫にも効くという万能精油ぶり。
しかもティートリー同様に原液を直接肌に塗る事が出来るので面倒が無い。
火傷には、そりゃもちろん程度にもよりますが、すぐに塗れば水ぶくれが出来にくいだけでなく、跡も残りにくかったです。
蚊に刺された部分に塗ると、猛烈に湧き上がってくるあの痒みが市販の痒み止めよりも残りにくく、腫れの引きも速かったです。
これは蚊に刺されて自分でムヒを塗っても収まらずにイライラしていた夫にも効果覿面で、その上からラベンダーを塗ってあげたら早々に痒みが引いたらしくケロリとしてましたよ。
それでいて香りもいいのだから大したもんだ。
すげーやラベンダー。

すっかりハマって、後日ショップのオークションで10ml入りを購入しました。
今では日常生活の中で手放せない精油の1つになってます。

さて、そんな真正ラベンダーなのですが、火傷や虫刺されの患部に塗る時に遮光瓶から直接肌に垂らすのはやはり難しい。
ドロッパーが付いてはいますが、Laylaのドロッパーはポタタタッと一気に垂れやすいのが難なのです。
綿棒に垂らして塗っても良いのですが、綿棒に吸い取られた分がなんだか勿体無いし、火傷の場合は患部に押し当てると痛いこともあるし。
何か使いやすい方法はないかと探して、ロールオンタイプのボトルを購入してみました。

容器の容量は10mlで、遮光性はないものの精油を原液で入れるのにためらいの少ないガラス製。
口の部分はコロコロと回る球が付いています。
口にコロコロと球がついてます
使い様によっては量が出てしまう事もありますが、このコロコロが非常に使いやすい!
特に火傷の時は自分自身が少し焦ってたりするので、ロールオンタイプでさっと塗る事が出来るのがとてもありがたいではないですか。
一気に使い勝手が良くなったので、これは買って正解でした。
しかも携帯しやすいコンパクトサイズなのもグーです。

今回はロールオンボトルが上手くいかなかった時の保険も兼ねて、スポイト付きの遮光瓶も一緒に購入してます。
左の画像のリンク経由でネットから購入できます
複数購入したので、今は「自分でブレンドした精油の保存用」と「使いにくい容器に入っていたキャリアオイルを使いやすくする為の移し変え用」と「精油の移し変えなどに使うスポイト用」に活用中。
特にスポイト用の分は、容器に5mlくらいの無水エタノールを入れてるので、スポイトを使う度にその中で振ってみたり吸ったり出したりして洗ってますが、これが意外に便利なのでお薦め。


脱線。
ラベンダーってアロマテラピーの原点なんですね。
知らなんだ。
ラベンダーのエッセンシャルオイル(精油)なしに、アロマテラピーを語ることはできません。
1920年代に、フランスの化学者、ルネ・モーリス・ガットフォセが研究室の事故で火傷を負った際、ラベンダーのエッセンシャルオイルを治療に用いてその効果を実感したことが、現代アロマテラピーのそもそもの始まりでした。
「アロマテラピー」という言葉自体も、その後エッセンシャルオイルの薬理作用を深く研究するようになったガットフォセ自身が作った造語です。
それから少し後、同じくフランス人で、軍医でもあったジャン・バルネ博士が、ラベンダーの優れた殺菌消毒、鎮痛作用に着目して、戦場で兵士の傷の治療や痛み止めとして活用しました。
パルネ博士が著した「バルネ博士の植物=芳香療法」は、その後のアロマテラピー発展の礎となっています。

ラベンダー・フレンチ エピソードより(*1)


ところで、文中でも真正ラベンダーを猛プッシュしておいてなんですが、万人に良いと言うわけではないので、必ず禁忌の確認とパッチテストしてから自己責任で使ってください。
特に妊娠初期の場合は、通経作用があるので注意。



(*1) アロマテラピーのお店 Tea-treeの森 webshop
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログのランキング
| comments (0) | trackbacks (0) | PERMALINK | PAGE TOP |
recommend ベルメゾンネット
コメント








コメントは全ての閲覧者に公開されます。プライバシーポリシー

公序良俗に反する書き込みや宣伝行為等はご遠慮ください。
内容によって、管理人判断で予告なく削除することがあります。
ご指導ご鞭撻や、個人的にお話しのある方はこちらからメールでお願いします。

recommend ベルメゾンネット
この記事のトラックバックURL
http://antenna.boo.jp/shopping/sb.cgi/373
*管理人の承認したトラックバックのみ表示されます。

話題に関連性の無いトラックバックはご遠慮ください。
同じ商品の購入レポートのトラックバック大歓迎です。
ただし、類似品などの場合は、内容によって、管理人判断で予告なく削除することがあります。
管理人のトラックバックの考え方はこちらをご覧下さい。
トラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...