買って・試して・レビューする! 自腹でモニターするおかいもの生活の記録。 私のあんてなに引っかかった1品を良し悪し関わらず発信中♪
HOME      ABOUT THIS BLOG      PRIVACY POLICY      RSS 1.0      ATOM 0.3      CONTACT ME
<< マイクロファイバー毛布&敷きパッド | HOME | ウッドツリー ウォールナット >>
くうきれい エアコンお掃除3点セット
【評価】 ★★★★★

【感想】 養生に手間取りましたが、洗浄自体は案外簡単で楽ちん。エアコンが奥までサッパリしました。

【購入】 5095円 実演販売のコパ・コーポレーション

【商品情報】 こちらこちらからネットで購入できます

くうきれい エアコンお掃除3点セット


我が家にはエアコンが2台。
2日に夫が遊びに行ってる間に、リビングのエアコンは自力で掃除したのでした。
外れる部品を外して風呂場で洗い、本体は100均のマイクロファイバーお掃除クロスとセスキ炭酸ソーダ水を使ってゴシゴシと拭き上げ。
冷却フィンは触るとぐねっとうねってしまうのでスルー。
それ以外は徹底的に拭き・・・と、初めて送風ファンがどえりゃー汚れとる事に気が付きました。
おそらく、ここは一度も掃除した事ない部位。
しかもこの黒っぽい汚れ、もしやC・トリコイデスか?
お前、なに勝手にこんな所で得意げにかもしてんだ。

惨状に気が付いちゃったものは仕方が無いので、ファンをくるくる回しながら、古歯ブラシや綿棒や割り箸を駆使してちまちまホジホジと拭きましたよ。
結局エアコン終わるまでに6時間以上かかり、もはや精も根も尽きた廃人状態。
しかも夕飯は外で食べてくる宣言していた夫が、修羅場の最中に「友達連れて行くから鍋しようよー」とか電話よこしてきて「無理!」と断り、エアコンの為に部屋ひっくり返してる有様で鍋の材料まで切って準備と後片付けも私ってどういう発想だ!?と、恨みつつサメザメ泣きながらの掃除でした。

もうこんなネガティブパワーの強い掃除はしたくないぜ。
でも、寝室にもエアコンあるんだぜ。
おいら逃げちゃおうかな。

ほとほと嫌になったので、ネットで簡単に掃除できる方法はないものかと検索していたら、自分でエアコンクリーニングの出来るこのセットを見つけました。
セットの内容は以下の3点。
・冷却フィン掃除の為の内部洗浄剤(ムースとリンスのセット)
・送風ファン掃除の為のファン洗浄剤(ムースとリンスのセット)
・掃除後のカビ防止の為のエアコン用防カビ剤ミラクーン

実際の使い方動画を見たら俄然やる気になったのでさっそく注文。
注文した翌々日には手元に届いてました。
はえー。

ではさっそくトライ。
ターゲットは寝室のエアコンです。
ターゲット

まずはカバーを外し(かなりの力技でしたが)
カバーを外して
フィルターと、吹き出し口のカバーも外して丸腰に。
フィルターと、吹き出し口のカバーも外して

外した部品は、風呂の残り湯に重曹ぶち込んだ重曹水に漬け置きにして、汚れを浮かせておきます。
こいつらは重曹水に漬け置き

どれ、本体の汚れ具合はいかがなものか。
汚れ具合を見てみましょうか

実はそれほどでもない
実は、リビングのエアコンに比べるとそれほどでもない。
こっちはエアコン自体の使用頻度も低かったし、100均で買った不織布のエアコンカバー掛けてたし、寝室で加湿器使ってなかったからか?

まずは下準備として、壁・天井・床に養生バッチリかまします。
特に本体の電気回路部分を重点的にしっかりと。
汚さないように養生バッチリ
ビニールはゴミ袋をハサミでつつーっと開きにして、重ねながらマスキングテープで壁に留めましたよ。
結局45リットルゴミ袋を10枚くらい使ったような。

さてここからが本番。
まず最初に、掃除機のノズルで軽く冷却フィンのホコリを吸い取っておきます。
それからおもむろに、冷却フィンにエアコン内部洗浄剤のムースををブシュー。
冷却フィンにエアコン内部洗浄剤をブシュー

ムースがクモの巣状になるまで15分ほど放置プレイ。
泡が結構床に落ちるので、床にも養生しておいて本当に良かった。
ムースがクモの巣状になるまで15分間放置プレイ

専用のリンス剤でムースを流します。
専用リンス剤で流します

リンス使い切ったけど、足りねえ。
流しきれてないよこれ。
リンス使い切ったけど、足りねえ

霧吹き使って水道水をバシバシぶっかけて流しましたよ。
画像の霧吹き満タン分くらい使って納得いく流し具合かなー。
まあ綺麗になれば結果オーライっす。
霧吹き使って水道水をバシバシぶっかけて流しましたよ

ベランダのドレンチューブから、リンスで流した汚水が出てます。
ドレンチューブから汚水が
汚れて無いようでも、やっぱり多少は汚れてたんだな。
汚れて無いようでも、やっぱり汚れてたんだな

さーて、次はリビングで黒カビと格闘した送風ファンですよ。
ここは冷却フィンと違って、流した汚水はドレンチューブではなくそのまま下にボタボタ落下してくるだけなので、付属のビニールシートを送風口下に貼り付けて準備OK。
付属のビニールシートを送風口下に貼り付けて準備

ではさっそく、送風ファンにエアコンファン洗浄剤のムースをブシュー。
送風ファンにエアコンファン洗浄剤をブシュー
ファンは割り箸で少しずつ回しながら、満遍なく全体をアワアワにしてやりました。
このまま20分くらい放置プレイ。
その間に、漬け置きにしていたアイツらを、中性洗剤+スポンジで洗い、100均のネットを浴槽に渡した上に置いて水切り。
放置プレイ中に、漬け置きしてたアイツらを洗いましたよ

放置プレイ完了直後のご様子。
結構泡落ちちゃってたな。
放置プレイ完了直後のご様子

専用のリンス剤で完全に内部の泡を落としました・・・が、やっぱりこれも足りん。
リンス剤使い切りましたが、やっぱり足らねえ
冷却フィン同様に、こちらも霧吹きで水道水をバシバシかけて流しました。
こっちは霧吹き満タン3回分くらい使って納得いく流し具合。

送風口から下に垂れた洗浄後の汚水。
ファン自体の色が黒なのでよく解らなかったけど、やっぱりそこそこ汚れてたらしい。
送風口から垂れた汚水

こちら、冷却フィンと送風ファンのセルフクリーニング後の状態。
結構サッパリした感じ。
ピカピカ
最後に全体をマイクロファイバーお掃除クロスとセスキ炭酸ソーダ水を使ってゴシゴシと拭き上げ。
一晩このまま内部を乾燥させてから電源を入れて動作確認し、問題なかったので、外していた部品をはめてから100均のエアコンカバーをかけて終了。

きちんと養生したので準備に手間取りましたが、実際にやってみると案外簡単で楽ちんでした。
リンス後の汚水を見ると、なんだか達成感があるしね。
リビングのエアコン掃除の悲壮感が嘘のよう。
プロに頼むよりも安価にここまでできるなら、セルフクリーニングも悪くないなと。
リンスが足らない事だけが残念ですが、それを差っぴいても★5つの価値ありだと思いますよ。
これから使ってみる人は、リンスは満遍なく全体を流すように使い、残りは水で大胆に流すようにすると良いんじゃないでしょうかね。

せっかくなので、内部洗浄剤だけ別に購入して、スルーしていたリビングのエアコンの冷却フィンも掃除する事にします。
今回使わなかったエアコン用防カビ剤は、冷却フィンをきれいにした後にリビングのエアコンに使う予定。
リビングは加湿器やら結露やら、カビの好む環境が冬でも存在してるのでね。
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログのランキング
| comments (0) | trackbacks (0) | PERMALINK | PAGE TOP |
recommend ベルメゾンネット
コメント








コメントは全ての閲覧者に公開されます。プライバシーポリシー

公序良俗に反する書き込みや宣伝行為等はご遠慮ください。
内容によって、管理人判断で予告なく削除することがあります。
ご指導ご鞭撻や、個人的にお話しのある方はこちらからメールでお願いします。

recommend ベルメゾンネット
この記事のトラックバックURL
http://antenna.boo.jp/shopping/sb.cgi/430
*管理人の承認したトラックバックのみ表示されます。

話題に関連性の無いトラックバックはご遠慮ください。
同じ商品の購入レポートのトラックバック大歓迎です。
ただし、類似品などの場合は、内容によって、管理人判断で予告なく削除することがあります。
管理人のトラックバックの考え方はこちらをご覧下さい。
トラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...