買って・試して・レビューする! 自腹でモニターするおかいもの生活の記録。 私のあんてなに引っかかった1品を良し悪し関わらず発信中♪
HOME      ABOUT THIS BLOG      PRIVACY POLICY      RSS 1.0      ATOM 0.3      CONTACT ME
<< ウィッチヘーゼル アストリンジェント | HOME | パック牛乳用クリップ >>
東芝液晶テレビ REGZA 32H3000
【評価】 ★★★★☆

【感想】 型落ちですがデザインもシンプルで好み。内蔵HDDは物凄く便利で重宝です。買ってよかった。

【購入】 109,200円 インターネット激安ショップ トマト

【商品情報】 こちら(*1)こちらからネットで購入できます

東芝液晶テレビ REGZA 32H3000


(注:先に言っておきますが、相当長い記事になってます。すんません。)

2011年7月24日。
アナログテレビ放送は終了し、地デジに完全移行します。
早めのご準備をお願いします。

って、うっさいわ。
まだ3年も先の話やんけ。
そんな先の話しとったら、鬼が笑い転げてヘソで茶ぁ沸かすわ。
まだまだブラウン管テレビが現役で映っとるんだから、買い換えるもんかいな。

とか思ってたら、とうとうこんな有様です。
寿命が・・・
日に日にこの画面の上の方のダメな範囲が広がってきてる訳で。
北京オリンピックの頃なんて、バレーボールのサーブボールがあのダメな範囲に入ると、その範囲内でまるで天井に向かってドリブルしてるみたいに映る始末。
完全に寿命ですね、これは。

このブラウン管テレビ、2000年の下半期製造の21型です。
ビクター製で、画面がフラットになっている仕様。
テレビにゲームにと約8年の間、酷使されても文句ひとつ言わず、不具合も全く無く、一生懸命頑張ってくれました。
年数的に考えてもやはり寿命、買い替え時でしょうな。
でもって、このタイミングなのだから、やはり地デジ対応のテレビに買い換えるべきでしょうな。

我が家は賃貸アパートなのですが、テレビのアンテナが立っているわけではなく、ケーブルテレビのJ:COMのライン経由で視聴するタイプ。
あくまでもアンテナ代わりの視聴ラインなので、J:COMで提供している多彩な有料チャンネルを観るには各世帯個別で契約して加入し料金を払わなくてはなりませんが、地デジ・アナログの一般放送を視聴する分には我が家には料金がかかりません。
という事なので、地デジを観るためのUHFアンテナを自分で用意する必要は無し。
つまり地デジチューナーの搭載された今時の薄型テレビを買ってくれば、すぐ地デジ視聴可能と言う訳。
よし、今時の薄型テレビを買うぞ。

買うぞ!と意思表明したのは良いんですが、ぶっちゃけよくわからん。
プラズマと液晶があるという程度しか知識が無かったのに、購入すべきテレビどもはアホのように高い。
こんな高価な家電を買おうと言うのだから、まずはネットで検索して予備知識のお勉強を。
一番参考になって解りやすかったのは、All Aboutの『初めて買う!薄型テレビの選び方』『「普通のお宅」で失敗しない 薄型大画面テレビ買い換え術』いう記事。
記事中のリンク先も含めてしっかり読むと、とりあえずベースの知識が出来るのでおススメ。

【サイズは→32型】
我が家は21型ブラウン管からの買い替えなので、All Aboutに載っていた大型化を実感する「+7インチの法則」に基づくのであれば28インチ。
ただ、28インチってのは展開されていないサイズなので、実際問題は26か32って事になります。
私は26でも別に構わないんですが、夫は32以上を御所望。
我が家のリビングダイニングは10畳なのですが、実際にテレビを視聴する距離は1〜1.5mなので、あんまり大きすぎても目が疲れそう。
それ以前に、実際に設置する場所のサイズを考えたら32がベストかと。

【液晶かプラズマか→液晶】
32型を選んでいる時点で、選択肢は液晶になってしまう訳ですが。
一応違いも検討しました。

 液晶
  ・消費電力が低く電気代お得
  ・明るい部屋向き
  ・画面に映り込みが無い
  ・視野角が狭い
  ・早い動きに対して画像ボケする
  ・白とびしやすく、黒がつぶれやすい

 プラズマ
  ・消費電力が高く放熱が凄い
  ・暗めの部屋向き
  ・画面に映り込みがある
  ・視野角に制限が無い
  ・スポーツなどの早い動きでも問題なく再現
  ・奥行き感があり深みのある映像

それを踏まえても、明るい部屋で見るので液晶かなーと。
お財布に優しいのもポイントですよね。

【家電量販店へGO→価格・デザイン・画像の作りこみ具合をリサーチ】
ここまで大雑把に決めて、実際に足を運んでリサーチ。
まずは売り場の人にいろいろ教えてもらおうと言う目論見なので、このタイミングで即決はしません。
いろんなメーカーの液晶32型テレビ画像の作りこみ方なんかを実際に見て確認しましたが、なんだかなーブラウン管の方が目が疲れなくていいなーなんて後ろ向きな気持ちにもなったり。
なんつーか、あのパキパキしたクッキリした絵の作り方を脳が受け付けないんだわなー。
でもこれもそのうち慣れてくるのかなー。

【HDかフルHDか→32型ならフルの価値をあんまり感じない】
32型でフルHD(High-Definition television=ハイビジョンテレビの事)ってのがあんまり無いようなんですが、家電量販店の人の意見もネットのクチコミも、共通して「32ぐらいの画面サイズだとフルHDである必要は無い」ようで。
初めは「せっかく買うのだからフルHDを」と思ってましたが、実際の画面の移り具合を見比べた上でも、そこに価値を見出せる程の違いを感じなかったので却下。
価格差もあるので、そこに価値を見出せる人が払うべき金額の差なのかなーと。

【倍速液晶は必要か→32型なら無くても許せる範囲かも】
そもそも倍速液晶ってなんぞやって話ですが。
液晶もプラズマもブラウン管も総じて、テレビの動画の仕組みは簡単に言うとパラパラ漫画です。
ですが、液晶だけはその特性上、パラパラとページをめくった時に前のページの残像が残るのですよ。
それが動画ボケといわれるヤツで、特に番組のエンドロールなんかで右から左へ流れるテロップに顕著にそれが見て取れます。
それを少しでも見やすいように補おうとする機能が倍速液晶。
本来1秒間に60ページパラパラめくっていた分を、1秒間に120ページめくって残像感を軽減させようとしてる訳ですね。
まあそれでも完全に残像が消えるわけではないので、あくまでも軽減なのですが。
これもフルHDの時と同様で、家電量販店の人の意見もネットのクチコミも「32ぐらいの画面サイズだとあんまり必要ない」のだとか。
実際、実物を見比べてきましたが、多少の差は感じるもののあんまり感じないような・・・。
私のように液晶で目が疲れそうと思う人にはある方が良いのかもしれませんが、うーん・・・・無くても許せる範囲かもしれないなあ。

【どこのメーカーの液晶テレビにするか→東芝】
私は最初、世界の亀山モデルで名高いシャープのAQUOS(アクオス)や、デザイン性の良いソニーのBRAVIA(ブラビア)なんかに惹かれたのですよ。
ただ、ソニーは俗に言うソニータイマーが怖かったので、これはアクオスかなーなんて。
しかし、夫は最初から東芝のHDD(ハードディスクドライブ)搭載モデルが気になっていたご様子。
なんでも友人が以前購入したらしく、そのHDD録画の手軽さ便利さをベタ褒めしていたのだとか。
えーそんな機能いらないよービデオで録画して見ればいいじゃんかーと初めは渋っていたのですが、いろいろ調べてみるとそのHDDでの録画機能は本当に便利らしい。
しかもSD(標準)画質のビデオとは違って、HD高画質での録画再生が可能。
調べてみたら、SD画質の動画再生は、高画質液晶テレビだと結構悲惨な画質状態になるらしいし。
いずれブルーレイレコーダーを買う日が来るかもしれないけどまだ価格も高いし、とりあえず今のところはテレビ番組の録画再生と言えば撮って見て終わりな事が多いし、そういう意味ではHDD搭載で綺麗な画質で録画再生できるのはかなり魅力かも。
操作もテレビのリモコン1本で楽チンなのだとか。
そうなるとですね、もう選択肢は東芝しかない訳です。
現在は東芝しかHDD搭載モデル出してないのでね。

【どの機種にするか→REGZA(レグザ)32H3000】
秋までまてば、各社一斉に最新機種を出してくると思いますが、そんなの買えるほど予算は無し。
だから必然的に現行型か型落ちが候補です。

東芝で32型でHDD搭載のモデルというと、現行型だとオリンピック前の5月頃に出た32RH500(*1)になるのですが、何と言うかその、デザインが気に入らない。
これだったら2007年4月に出たモデルの32H3000の方がデザインは好みだし、価格.comの東芝の液晶テレビのクチコミでも総合的な評判が良いんだよなあ。
額縁部分が現行型よりも幅広だけど、つや消しなので映り込みしないし。
脚の部分が野暮ったくないし。
ところが、32H3000は北京オリンピック前後で在庫を捌けさせようとしていたのか、さすがにもう在庫を抱えている家電量販店が見当たらない。
1店だけ、ヤマダ電機で展示品処分を1台見かけましたが、展示品処分にもかかわらず10万越え価格とお徳感無し。
デザインが気になっても現行モデルを買うべきか散々迷ったのですが、やはりインテリアの1部として視覚的に占める割合も高いし、見た目で気に入った物を手に入れることにしました。
あと、パネルが現行型のVAではなく、視野角が広いIPSを採用していたのもポイントかなー。
VAとIPSの違いは、こちらのサイト(*2)が詳しいです。

【どこの店で買うか→価格.com最安値の店にネット注文】
どこをあたっても店頭では置いていないし、楽天では価格が高い。
それでもどうしてもこの型を手に入れたかったので、結局価格.comで取り扱いがあった最安値の店から買うことに。
全く知らない店で、しかも関東から山口県にある店に頼むのは物凄く不安でしたが、商品価格×5%でワランティーマートの5年保障をつけられるのは他の安い店に比べても魅力。
我が家の東芝の冷蔵庫は、買って1年の間に3回修理を頼んだという実績があるので、東芝の高額家電を買うなら、絶対に補償が長くないと不安なんですよ。
で、結局価格.comの店舗評価の高さも信用して決めちゃいました。
半分くらい、清水の舞台から飛び降りるような気持ちで。

【いくらかかったのか→総額116,130円】
元々、予算は10万くらいでした。
以下実費内訳。

[税込単価] 109,600円
[値引き(税込)] : -400
[延長保証料] : 5,460 (109,200×5%)
[配送費(税込)] : 0
[代引き手数料(税込)] : 1,470
=========================
[合計] :116,130円

振込みでも支払えますが、金額が大きい買い物なので、夫と相談して念のため代引きにしてます。


【注文・納品・設置】
9月1日のお昼にwebショップから注文。
その2時間後ぐらいに、注文確認のメールを着信。
更にその2時間半後ぐらいに、ヤマト運輸の問合わせ番号を載せた発送済み案内のメール着信。
翌、9月2日午後には、玄関で現物受け取ってました。

は、早えぇーっっ!!!!

そして。
想像はしてましたが、箱でかっっ!!
箱でかっ!
箱の左奥にある夫のゴルフバッグと比較すると、いかにでかいか伝わるんじゃないでしょうか。

いつもはでかい家具が届こうがお構いなしに、女1人の細腕?で自力開梱設置をする私ですが、さすがにこれは金額も高いし、でかいし、重いし、うっかり落として壊したら立ち直れない。
それらの責任を夫に押し付けるべく設置のワクワク感を夫に進呈すべく、このままの状態で夫の帰宅を待つ事にしましたよ。

いつもより少し早めに帰宅した夫、まず玄関先のでかいダンボールに「おおっ!」と感嘆し、いそいそと設置開始。
さすがに本体だけで約19kgと重く(私1人で持ち上げてみましたが、ヨロヨロでした。危険。)、しかもデリケートなHDDが入っている事もあったので、本体を取り出してテレビ台に置くところまでは2人がかりで。

それまで使っていた21型ブラウン管テレビと比較。
いや、本体もでかいっすねっ!!
本体もでかっ!
ブラウン管テレビに退去していただき、新しい液晶テレビを鎮座させます。
その後の初期設定や配線は、取扱説明書の「準備編」を見ながら夫自らセットアップしてました。
なんかその過程を見ている限り、自力で運んで台に置く所まで出来るなら、その後の設置も女性でも出来そうな感じでしたよ
まあ、うちの場合は地デジアンテナの設置とかが不要だったからと言うのもありますが。

で、こんな感じでリビングに収まりました。
こんなかんじで収まりました
元々21型のテレビありきでサイズを合わせて購入したテレビ台なので、液晶テレビの方が両端はみ出てて若干収まり具合が悪いですね。
あとやはり画面大きいなあ。
見慣れれば平気になるんかいなあ。

【使用感】
それにしても、地デジのハイビジョン放送って凄い綺麗だわ。
その綺麗具合をここに掲載する事は物理的に無理なので電気屋で確かめてくれとしか言えませんが、物凄くくっきりはっきり映るので、世界遺産とか自然風景とかの美しさは目を見張るもんがありますね。
反面、テレビの出演者はお肌の状態までクッキリなので大変そうだ。

ブラウン管と違って、視聴している自分の姿が画面に移りこまないので、暗めの映像のときでも映像の方に集中できるのが良いです。
特に、深夜に放映していた海外ドラマ『LOST 2』の、森の中をさまようような暗めのシーンの時にすんごい実感しました。
地味ですが、ストレスフリーで快適。

本体だけでなく、リモコンもすっきりデザインです。
いろいろいじくってみましたが、割と直感で操作しやすい印象。
リモコンもすっきり

リモコンいじっていて一番驚いたのは、「dデータ」というボタンを押したら、テレビ局から送信されているいろんなデータが表示された事。
天気やニュースや災害情報や交通情報なんかがリアルタイムで表示されるんですね。
しかも天気なんてまさに自分の住んでいる地域ピンポイント。
セットアップ時に何で初期設定で7桁の郵便番号を入力する必要があるんだ?と疑問に思ってたのですが、この為だったんですねえ。
取扱説明書を読んでなかったし、身の回りで地デジ見てる人が居なかったのもあって、全く予備知識が無かった分ぶったまげた。
デジタルの情報量すげーや。

ちなみにこれはフジテレビのデータ放送の場合。
デジタルの情報量すげー
白い点線で囲んだ部分は放映されているフジの番組画面(点線はわかりやすいように入れただけで、実際は表示されません)で、周りの部分がデータ放送です。
首都高の混雑具合までリアルタイム表示できるなんて、ドライブ前の情報収集としては超便利。
PC立ち上げてネットで調べるよりもずっと早く知る事が出来るし。
事前に登録しておけば、良く使う電車路線の交通情報も表示されるし、これは朝の出勤前なんか凄く使えるわな。
野球中継の時には、今日のラインナップや守備位置、更に各選手のプロフィールや成績まで出てくる。
すげーや、デジタルすげー。

夫はテレビでスポーツを観たりザッピングしまくったりするので、こういう2画面の使い方が実は我が家的には一番重宝なのかも。
2画面表示を重宝中
しかも左右の画面のサイズも変えられるんですよ。
こりゃいいわ。

リモコンの番組表と言うボタンを押すと、視聴可能なチャンネルの番組表が表示されます。
データ配信されてくる、新聞で言うところのテレビ欄的なもので、文字の情報ゆえ画面が小さいサイズだと少し読みづらいかな?
32型だったら、我が家の視聴距離1.5m位なら読み取るのに全く問題ないですが。
これを考えると、年配の方が購入するのなら、文字が読み取りやすい画面サイズを選ぶと言うのも大事かもしれませんね。
購入を検討されている方は、家電量販店で実際に見て確認した方がいいと思います。

内蔵HDDでの録画なんですが、予約するならこのデータ配信されてくるテレビ欄の撮りたい番組を選んでリモコンをポチポチっと押すだけ。
以前のVHSビデオデッキと大違いで、あっけないほど簡単です。
「お母さんにビデオの予約しておいてって頼んでも、解らないから無理とか言われたり、予約自体失敗されたりする」といった、アナログ時代によくあったトラブルはまず無いと思います。
ほんと、まさにおバカでも出来る操作ってなぐらいに簡単ですよ。
年配の方や高齢者や機会オンチの方が購入するなら相当おススメな機能だと思います。
HDD内蔵モデルは、そうでない物よりも当然若干高いのですが、これだけ便利ならそこにお金を払う価値は存分にアリかと。
HDD自体の寿命は3年くらいでしかないらしいのですが、新しいHDDとの交換が可能で、しかも自分で交換できるらしいので、長期的に見れば記録メディアをいちいち買ってかさばらせておくよりもお手軽で良いかなーなんて思ってます。

ざっと挙げるとこんな感じかなー。
まだまだ魅力がいっぱいありそうなので、沢山活用していきたいと思ってますよ。
物凄く悩んだし、懐も痛かったけれども、本当に買って悔いの無い良い買い物でした。


追記(2009/9)
評価を★★★★★から★★★★☆に変更。

購入してからまるっと1年。
相変わらず使用感も良いし、内臓HDD録画は超重宝してます。
心底気に入ってるしパーフェクト!

・・・と言いたい所ですが。
実は1年間のメーカー保証が切れる直前に壊れました。

朝起きて電源を入れたら、音は聞こえるけど画面真っ黒。
実を言うと同じ症状が過去に2回あって、その時は電源を切って1時間くらい放置してからつけ直すと、何事も無かったように直ってたんですよ。
複雑で凄い家電なのだから、PCみたいにこんな事もあるんだろうなんてのんきに構えていたアホの私。
今回もどうせ同じだろうと思ったら、結局翌朝になっても症状変わらず。
慌ててネットでこの症状を検索してみたら、購入前にさんざ覗いていた価格.comのクチコミに辿り着くハメになりました。
なんと、同じ症状で悩まされている方々が多数おられるではないですか。
クチコミの皆さんはこの症状を「ラジオ状態」と嘆いていますが、大体半年から1年半くらいの間に発生しているご様子。
メーカー保証期間間近だ!これはマズい!と、急いで東芝のカスタマーに電話して修理依頼しました。
1番早くて5日後と保証期限を過ぎる上、すぐに来てもらえないのはTVっ子の夫には痛かったのですが、保証期間内扱いで修理してもらえる事に。

で、修理当日。
サービスの人が来て、テレビに手を触れてから約30分弱で直りましたよ。
脚から本体をはずし、裏側のカバーをはずし、画面ほどもある大きさの基盤をはずし、バックパネルの裏側右上と左下についている手のひら位の大きさの薄い部品をはずして新しい部品と交換しただけ。

以下、サービスの人から聞いた話。
 ・バックパネルを光らせるインバーターを交換した
 ・部品は3000円位の物で、対策品である
 ・修理後3ヶ月以内はメーカーが全責任をもつ
 ・修理後約1年以内に同じ症状になった場合、メーカーが無償修理だと思う
 ・それ以上してからの故障は有償修理扱い
 ・今回と同内容の有償修理の場合、部品+出張修理代で12000から13000円ぐらい

対策品が用意されてたり、実際にそれを持って修理にきたりしてるあたり、やはりこの症状での修理が多いんだろうなという事を伺わせますな。
「ネットで調べたら同じ症状で困っている人が凄く多かったんですけど、やはり実際に多いんですか?」と聞いたら、「うーん・・・」と口ごもってはぐらかされちゃいましたが。

ま、これでもう何事も無くずっと使えれば問題なしです。
なんといっても気に入っているので、長く使いたいもんね。
もし同じ型のテレビを持っていて、たまにラジオ状態になるけどすぐ直るし・・・なんて状態の方は、我が家と同じ顛末を辿る可能性大なので、折を見てサービスに来て貰うといいですよ。

そういえば、気がかりだったHDD内の録画分は全く無事でした。
さらに、故障してから修理までの期間中の予約しておいた番組も、問題なく録画してくれてました。
良かったー。



(*1) 東芝 オフィシャルサイト

(*2) BCNランキング
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログのランキング
| comments (0) | trackbacks (0) | PERMALINK | PAGE TOP |
recommend ベルメゾンネット
コメント








コメントは全ての閲覧者に公開されます。プライバシーポリシー

公序良俗に反する書き込みや宣伝行為等はご遠慮ください。
内容によって、管理人判断で予告なく削除することがあります。
ご指導ご鞭撻や、個人的にお話しのある方はこちらからメールでお願いします。

recommend ベルメゾンネット
この記事のトラックバックURL
http://antenna.boo.jp/shopping/sb.cgi/501
*管理人の承認したトラックバックのみ表示されます。

話題に関連性の無いトラックバックはご遠慮ください。
同じ商品の購入レポートのトラックバック大歓迎です。
ただし、類似品などの場合は、内容によって、管理人判断で予告なく削除することがあります。
管理人のトラックバックの考え方はこちらをご覧下さい。
トラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...