買って・試して・レビューする! 自腹でモニターするおかいもの生活の記録。 私のあんてなに引っかかった1品を良し悪し関わらず発信中♪
HOME      ABOUT THIS BLOG      PRIVACY POLICY      RSS 1.0      ATOM 0.3      CONTACT ME
<< ユニクロ パフスリーブの半袖Tシャツ | HOME | 2WAYショルダー&クラッチバッグ Iduna(イドゥナ) >>
水曜どうでしょうDVD第11弾
【評価】 ★★★★☆

【感想】 諸事情で再放送できない企画初のDVD化。初onちゃんなど、マニア心をくすぐる内容で満足。

【購入】 4179円 HTB 南平岸ユメミル工房

【商品情報】 こちらこちらからネットで購入できます

水曜どうでしょうDVD第11弾


大泉洋というタレント(*2)を初めて知ったのは結構昔のこと。
テレ朝で深夜に放映していた『パパパパパフィー』というバラエティー番組に出てきた、ジャージ姿でモジャモジャ頭の冴えない青年。
「北海道から出てきた地方タレントごときの分際で、えらい上から目線で挑戦的だな。腰は低いけど面倒くさいヤツだな。」と、当時はどちらかといえば「嫌い」の部類の人だったりしてました。
それが次第に全国区的に活躍しやがるようになって、少しずつお仕事ぶりを拝見するにつれ「あれ、もしかしたらコイツ面白いんじゃね?」と気になる存在に。
ヤツをうっかり世に排出した『水曜どうでしょう』(*3)という北海道ローカル番組の再放送をテレビ埼玉で放映していることに気が付いて、見るようになってからはすっかりハマってしまいました。

ハマるといっても、「きゃー!洋ちゃん素敵ー!抱いてー!」とかそういう子猫ちゃん目線ではないですよ。
基本「大泉のクセに」という前置きの下、何となく擁護してしまう親戚のおばちゃん目線の愛情でですよ。
私が彼を「大泉洋」と記し、決して「氏」だの敬称をつけないのは、何となくそういう親しみがベースになっているからであります。
以上、自己弁護。

『水曜どうでしょう』
「水曜ロードショー」からタイトルをパロったがゆえ、読み方もそれになぞって発音するのが正式。
内容は簡単に言えば「破天荒なくせに限りなく緩い旅番組的なバラエティーモノ」という感じです。
深夜枠に関わらず結構な視聴率を叩き出し、現在では全国区的にファンが多い番組で、セルDVD化も既に10作を超えてます。
大泉洋と鈴井貴之(*2)氏の2名の出演陣と、藤村忠寿氏(ナレーション兼任のディレクター)と嬉野雅道氏(最年長のカメラマン)の2名のディレクター陣、合計4名で構成される「どうでしょう班」が旅したり対決したりケンカしたりグダグダしたりを見せ付けて、面白いと思うヤツは見ろという感じでやってます。
というか今調べていて、タレント活動している大泉ミスターは分りますが、ヒゲうれしーといったD陣までも、Wikipediaに単独ページがあるのにビックリした、マジで。
ちなみにミスターは大泉洋の所属事務所社長なのですが、大昔に流行ったEAST END×YURIの『DA.YO.NE』をパロった北海道ローカル版、『DA.BE.SA』を歌っていたNORTH END×AYUMIのメンバーという過去があります。
更に更に蛇足をつけると、そのAYUMIさんってのが今のミスターの奥様。

話し戻しますが。
どうでしょうは既にレギュラー番組としては終了しており、今では年に1回あるかないか位のペースで新作を発表している程度で、それ以外で放映されている分は過去の放映の再放送なのですが、内容的に再放送できない企画が存在してるんですね。
数年前にニュースで騒がれたので覚えてる人も多いかもしれないのは、鳥取砂丘の砂を持って行っちゃったり砂丘に大きく番組名を書いちゃったり。(京都→鹿児島 原付西日本制覇)
他に世情を考慮して放映自粛している分に、拉致モノ企画があります。
企画の頭に大泉洋を騙くらかしたり一切内容を明かさずにスタートしたりするのが番組の醍醐味なのですが、騙すどころか無理矢理拉致して強制参加させる強攻策。
そういった内容は放映されない以上は見られないので諦めていたのですが、この度第11弾として初めてDVD化される運びとなりました。
収録内容は『桜前線捕獲大作戦/十勝二十番勝負/サイコロ5〜キングオブ深夜バス〜』、前2つの企画が初見であります。

いや、それだけでも私のようなバカは大喜びモードなのですが、今回はNHK大河や朝の連ドラ俳優にまでなりあがった安田顕(*2)ことHTBのマスコットonちゃん(*1)の鮮烈なるデビュー編でして、そこがまたマニア心をくすぐられると言うか何と言うかでございますよ。
昨年末にローソンのロッピーから予約して、やっと4月15日に受け取れました。
初回特典で、どうでしょう班各位のイラストによる絵葉書つき。

夫が出張で居なかったので、徹夜でぶっ通し上映会してましたよ、1人で。
ディスク2枚に渡る内容ですから、そりゃもう空も白みましたわ。
1998年春の内容のため、ほぼまるっと11年昔ということになります。
出演している誰も彼もが若々しくていらっしゃる。
甘いもの嫌いなミスターの生き地獄ぶりも合わせて、見所は豊富でした。
内容的にはほぼ満足であります。

実は他にもDVD持っとりますよ。
海外物が好きな傾向アリアリ
オーストラリア縦断は今回一緒に購入した物ですが、ジャングルリベンジとヨーロッパ21ヵ国完全制覇は譲ってもらった物。
こうしてみると、海外ロケ物が好きな傾向アリアリですな。
海外物ではないけど、放映できない原付東日本ラリーと原付西日本制覇をはやくDVD化して欲しいなあ。



(*1) HTB on-Line shop

(*2) CREATIVE OFFICE CUE オフィシャルサイト

(*3) 北海道テレビ HTV online
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログのランキング
| comments (0) | trackbacks (0) | PERMALINK | PAGE TOP |
recommend ベルメゾンネット
コメント








コメントは全ての閲覧者に公開されます。プライバシーポリシー

公序良俗に反する書き込みや宣伝行為等はご遠慮ください。
内容によって、管理人判断で予告なく削除することがあります。
ご指導ご鞭撻や、個人的にお話しのある方はこちらからメールでお願いします。

recommend ベルメゾンネット
この記事のトラックバックURL
http://antenna.boo.jp/shopping/sb.cgi/556
*管理人の承認したトラックバックのみ表示されます。

話題に関連性の無いトラックバックはご遠慮ください。
同じ商品の購入レポートのトラックバック大歓迎です。
ただし、類似品などの場合は、内容によって、管理人判断で予告なく削除することがあります。
管理人のトラックバックの考え方はこちらをご覧下さい。
トラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...