買って・試して・レビューする! 自腹でモニターするおかいもの生活の記録。 私のあんてなに引っかかった1品を良し悪し関わらず発信中♪
HOME      ABOUT THIS BLOG      PRIVACY POLICY      RSS 1.0      ATOM 0.3      CONTACT ME
<< 電子レンジで簡単パスタ | HOME | 共同購入 3色から選べる世界品質カーネーションの花束 >>
埼玉B級グルメ王 川島町の「すったて」
【評価】 ★★★★☆

【感想】 薬味タップリでさっぱりひんやり。凄く懐かしい素朴な味で、うどんとよく合って美味しかった。

【購入】 1杯200円 第6回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦

川島町 すったて


すっかり体調を崩し、ゴールデンウィークらしいゴールデンウィークとは縁遠かった我が家。
唯一夫婦揃って出かけたのは、第6回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦だけでした。

今回の埼玉B級ご当地グルメ王決定戦は5月の3日4日の2日間、大宮駅近くのソニックシティ前広場で行われました。
3日は夫が用があって居なかったので4日に行ったのですが、そもそも出掛けにちんたらちんたらしていたので着いた時には終了間近。
ほとんどの出店が既に販売終了してたので、結局食べることができたのは3種類だけ。
それが川島町の「すったて」鳩ヶ谷市の「ソース焼きうどん」行田市の「ゼリーフライ」でした。
その中でもこの「すったて」が凄く美味しかったので、思わずもう1杯食べちまいましたよ。
結局今回優勝したのも、この「すったて」でした。

「すったて」とは、
すり鉢で胡麻と味噌と合わせ、更に採ってきたばかりの大葉、胡瓜、茗荷などの夏野菜を合わせていっしょにすります。最後に冷たい井戸水を入れ、良く混ぜて付け汁としてうどんを食べる。
(中略)
名前の由来は、胡麻、味噌、野菜などの具材を「すりたて」で食べていたところからきており、「すったて」のことを「冷汁(ひやしる)」または「つったて」と呼ぶこともあります。

→郷土料理 すったて・かわじま呉汁 すったてとは(*1) より

今回出店されていた「すったて」も薬味タップリでさっぱりひんやり。
器の中にはゴロッと氷も入ってます。
アップで
初めて食べたのに凄く懐かしい素朴な味で、うどんのつるつるモチモチした食感とよく絡んで口の中でも気持ち良い。
今日は太陽ギラギラの夏日だったので、余計に美味しく感じましたよー。
たぶん今回の勝因もそこにあるのでは?
実を言うと食べてみたかったのはゼリーフライ(小判型=銭の形のおからコロッケ。ゼリーはゼニがなまっただけ。)で、コレも美味しかったんですが、やはりこの天候の下では不利でしょうねえ。

川島町のホームページには、「すったて」のレシピも載ってました。
なかなか簡単そうなので、この夏は自分で作ってみようかなと思ってます。
うどんだけでなく、ご飯にかけても美味しいそうですよ。
なんか山形の「だし」(*2)みたいですね。

埼玉B級ご当地グルメ王決定戦は毎年ゴールデンウィークに大宮で行われているようなので、来年はもっと早く行っていろいろ食べてみたい!と思っとります。
なんたって、1品100円か200円という安さでいろいろ楽しめるのって魅力。



(*1) 川島町商工会ホームページ 

(*2) 山形県ホームページ
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログのランキング
| comments (0) | trackbacks (0) | PERMALINK | PAGE TOP |
recommend ベルメゾンネット
コメント








コメントは全ての閲覧者に公開されます。プライバシーポリシー

公序良俗に反する書き込みや宣伝行為等はご遠慮ください。
内容によって、管理人判断で予告なく削除することがあります。
ご指導ご鞭撻や、個人的にお話しのある方はこちらからメールでお願いします。

recommend ベルメゾンネット
この記事のトラックバックURL
http://antenna.boo.jp/shopping/sb.cgi/645
*管理人の承認したトラックバックのみ表示されます。

話題に関連性の無いトラックバックはご遠慮ください。
同じ商品の購入レポートのトラックバック大歓迎です。
ただし、類似品などの場合は、内容によって、管理人判断で予告なく削除することがあります。
管理人のトラックバックの考え方はこちらをご覧下さい。
トラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...