買って・試して・レビューする! 自腹でモニターするおかいもの生活の記録。 私のあんてなに引っかかった1品を良し悪し関わらず発信中♪
HOME      ABOUT THIS BLOG      PRIVACY POLICY      RSS 1.0      ATOM 0.3      CONTACT ME
<< 大粒CZダイヤモンドネックレス | HOME | 保冷&保温バッグ 350ml缶×4本サイズ >>
サロンドプロ ワンプッシュ泡のヘアカラー
【評価】 ★★★☆☆

【感想】 手軽・ムラ無し・簡単で、嫌な臭いがせず快適。持ちは1ヶ月くらいで、色は見本より結構暗め。

【購入】 880円 マツモトキヨシ

【商品情報】 こちら(*1)こちらからネットで購入できます

SALON de PRO ワンプッシュ泡のヘアカラー


染めてみて、約1ヶ月たったのでレビューを。

30代に入ってから、髪に白い物が増え始めたんですよね。
美容師さんからも指摘されて憂鬱になっていたので、生まれて初めて髪を染めたのが一昨年の秋。
そして去年の秋に二度目のカラーリングをしましたが、どちらも美容院でお願いしました。
とはいえ、美容院で染めると高いのでどうも躊躇。
かといって自分で染めるのも自信が無い。
いろいろ調べてみたら、どうやら泡タイプが扱いやすそうじゃないですか。
ただデメリットとして、あんまり染めた状態がもたないようなのです。
うーんどうしよっかなーと悩むだけ悩んで、もうメンドクセみたいな放置状態に入ってたのですが、緊急で身だしなみをしっかりしておかねばならぬ用事が発生し、とりあえずそこを乗り切れればいいやと焦って泡タイプを買いに走りました。

事前にクチコミを調べていたのはブローネの泡タイプ。
左の画像のリンク経由でネットから購入できます(*2)
これ↑を購入するつもりだったのですが、横に並んでいたサロンドプロの泡タイプに「ニオイのない」と書かれていて俄然興味出ました。
たまたまセール品で安くなっていたし、よしこれだ!とそっちを買ってみましたよ。

中身は1剤と2剤が同時に出るムースタイプのボトルと、施術時にはめるピッタリフィット手袋。
乾いた髪にこれを馴染ませて20分時間を置き、良く濯いでからシャンプーリンスして終了です。
満遍なく髪に泡を揉み込むのに15分くらいかかったので、実質30分以上放置してたようなもんかなあ。
服が汚れないように保護するケープなんかは付属してないので、100均でレインコートの上だけ買ってきて代用してみたり。(ポンチョと違って腕が自由に動いて動きやすかったのでオススメ)
あと、泡を揉み込んでから放置する間、やはり100均で買ってきた使い捨てのビニール製シャワーキャップを被ってみたり。
こういう時、100均は本当に役に立ちますな。

ボトル容量はセミロング約1回分ですが、ロングでも気にせずその量でいきました。
手術でもはじめそうなピッタリフィット手袋をはめ、手のひらに泡を取りながら髪によく揉み込んでみましたが、とてもじゃないけどパッケージに載っていた画像程泡はキープできません。
いやいや、こんなに泡保ちませんから
でもすぐジェル状になってくれるので、顔に垂れてきたりしないのが良いですね。
ニオイも全く無しで、その辺は凄く快適。
難があるとしたら、ボトルの残量が分からないのでペース配分が良く分からないことでしょうか。
横に残量チェックできる透明な小窓とかがあれば便利なのになーと思います。

ピッタリフィット手袋は本当にピッタリフィットなので、爪が長いと指先がやぶけやすいですね。
いつの間にか破けた部分は、爪先がブラウンに染まってました。
こめかみに付いてしまった部分はすぐに拭ったので色はつきませんでしたが、気づかずに付いていた右の手首の部分は、翌日まで落ちませんでした。

で、時間一杯置いてから流しましたが、乾かす為に鏡の前に立って驚いた。
「黒っ!」と。
私は4番のライトブラウンを選んだのですが、染め上がりは6番かそれより暗い感じ。
うーん、カラーガイドはあんまり当てにならないです。
カラーガイドはあんまり当てにならないです
表示してあるカラーよりも1段か2段ぐらいは暗く染め上がる感じでしょうか。
でも白髪の部分はきちんと染まってくれていたし、ムラも無く綺麗に染まったので、とりあえずは満足。
全白髪の方だと染め上がりの色合いがまた違うかもしれませんね。
ちなみに私の地毛は茶色がかったやや明るめの色合いで、髪をかきあげると後頭部の内側の方に白髪がチラホラ、頭頂部やもみあげのあたりを良く見ると少しといった感じ。

あと、髪がゴワゴワになりますよ。
手触りが少しギシッとして、いかにも痛んでる感じというか何というか。
そして静電気が凄い。
広がる広がる。
いい加減にストレートパーマかけないと・・・という時期だったからと言うのもありますが、髪をとかしただけでフワッと広がってちょっとビビリました。
洗髪のたびにトリートメントしていたからかゴワつきは10日くらいで気にならなくなり、3週間後ぐらいには元通りに戻ってましたけど、静電気は1ヶ月経った今でも若干おさまった程度で相変わらずです。

さて、カラーリングの持続について。
徐々に色が抜けていったようで、1ヶ月も経つと結構地毛の明るさに戻ってきてました。
色がガツンッと残っているわけではないので、生えてきた部分の地毛とパッキリと色分かれするわけではないですね。
良く見ると白髪の部分が戻りはじめてきていたので、タイミング的にはそろそろ染めたい感じかなー。
ちょうど大学時代の友人との飲み会予定があるので、次は1つ上の明るさで染めちゃうかも。

総じて。
1ヶ月でまた染めたいぐらいの持続性ではありますが、手軽でムラ無く簡単に染められるのは便利。
カラーリング剤にありがちなツンとする嫌なケミカル臭が一切しないのは快適です。
カラーガイドの当てにならなさと、ボトルの残量が分からないこと、そして髪が痛みまくるのが難かな。
ドラッグストアなんかだと1000円切ってるので、ちょっとチャレンジしてみるのは手頃だと思います。


ここから先はちょっと補注というか脱線というか。

ケミカルカラーリングには1剤にパラフェニレンジアミン(俗に言うジアミン)という成分が入ってます。
このジアミンには有毒性があり、かぶれやかゆみ、そしてアレルギーを起こしやすいんですよ。
実際にそれを見た美容師さんから聞いた話、ジアミンかぶれ(アレルギー)の症状は前ぶれ無く突然で、カラーリングの施術中に顔や皮膚が真っ赤に腫れ上がったり発疹が出たりで大変なんだとか。
これを一度起こすと、もう一生ジアミンの入ったカラーリング剤は使えません。
美容院で施術されるカラーリング液も市販の物も成分的にはほぼ変わらない為、リスクがある面では同じですが、自分で染める場合は美容院で染めるよりも頻度が高くなる傾向があるので、アレルギー抗体をより蓄積しやすいのだとか。
アレルギー抗体の許容量は人によって違うので、それこそ一発でダメな人もいれば一生大丈夫な人もいます。
自分で染める場合はリスクを良く理解したうえで行って欲しいと、美容師さんからアドバイスされました。

これも美容師さんのアドバイスですが、自宅でケミカルカラーリングをするなら、白髪だらけになって手の施しようが無くなってからでも良いんじゃないか?とのこと。
それまではアレルギー抗体をためないように、なるべくナチュラル成分の自宅カラーリングをしてみてはどうかと。
具体的にはヘナ染め、それも100%ナチュラルの物。
特に白髪がチラホラぐらいの人には、ヘナお薦めだそうですよ。
アドバイスもらった時は美容師さんが商品名を失念していたため、「確か生協のカタログに載ってたと思う」というヒントで調べてみたら、どうやらナイアードのヘナの事みたいですね。

(*2)左の画像のリンク経由でネットから購入できます

一番左のヘナ100%のヤツを薦められたのですが、オレンジっぽい赤褐色の髪はちょっと・・・と感じたので、チャレンジするなら真ん中のヘナ+木藍(黒茶系)かなあ。
人によってはヘナ100%とヘナ+木藍をブレンドして好みの色合いに調節したりもしてるみたい。
凄く興味はあるのですが、ちょっと面倒くさそうなのがハードルになっとります。



(*1) DARIYA オフィシャルサイト

(*2) 爽快ドラッグ webshop
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログのランキング
| comments (0) | trackbacks (0) | PERMALINK | PAGE TOP |
recommend ベルメゾンネット
コメント








コメントは全ての閲覧者に公開されます。プライバシーポリシー

公序良俗に反する書き込みや宣伝行為等はご遠慮ください。
内容によって、管理人判断で予告なく削除することがあります。
ご指導ご鞭撻や、個人的にお話しのある方はこちらからメールでお願いします。

recommend ベルメゾンネット
この記事のトラックバックURL
http://antenna.boo.jp/shopping/sb.cgi/654
*管理人の承認したトラックバックのみ表示されます。

話題に関連性の無いトラックバックはご遠慮ください。
同じ商品の購入レポートのトラックバック大歓迎です。
ただし、類似品などの場合は、内容によって、管理人判断で予告なく削除することがあります。
管理人のトラックバックの考え方はこちらをご覧下さい。
トラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...