買って・試して・レビューする! 自腹でモニターするおかいもの生活の記録。 私のあんてなに引っかかった1品を良し悪し関わらず発信中♪
HOME      ABOUT THIS BLOG      PRIVACY POLICY      RSS 1.0      ATOM 0.3      CONTACT ME
<< パシュミナ ミディアムストール | HOME | 2004 X’masカウントダウン紅茶セット >>
ガラスの仮面 42巻
【評価】 ★★★☆☆

【感想】 全世紀末以来の新巻発売。私が生きている間にストーリー完結しますように。

【購入】 410円 書店

ガラスの仮面(42) 左の画像のリンク経由でネットから購入できます(*1)


朝、優雅に紅茶を飲みながら新聞に眼を通していると、なんと、新聞の22面の1/6ものスペースを使って、ガラスの仮面の新刊のお知らせが。

全編書きおろし!!大増216ページ!

うわあああああああ。
読みたい。
って言うか読む。

と言う訳で、午前中に買いに行って来ました。
ところがですね、近所の本屋置いてないのです。
新聞であれだけ大きく広告を載せているのに、なぜに置いてないのだ本屋!
何軒か回って、ようやく1冊だけ見つけましたよ。


ガラスの仮面。
平凡で何のとりえも無い少女『北島マヤ』が、往年の大女優『月影千草』と出会うことで、荒削りながらも天賦の演劇の才能に目覚め、同じく天才と名高い演劇界のサラブレット女優『姫川亜弓』と共に、幻の名作『紅天女』を競い合い目指していく演劇漫画です。
主人公の成長と共に、敵役でありながら実は影で『紫のバラの人』として精神的にも物理的にもマヤを支え見守っている、大都芸能社長の『速水真澄』への秘められた恋なんかも絡んできて、恋愛漫画的エッセンスが強くなってきています。

少女漫画誌『花とゆめ』に連載され(*2)、80年代にはアニメや舞台化(*3)もされました。
90年代後半に安達祐実主演でドラマ化(*3)したのが記憶に新しいところ。
新しいって言っても5年以上前という事実には気が付いちゃダメ。
当時のアニメは↓こんな感じの絵でした。
ガラスの仮面 DVD-BOX ◆20%OFF!左の画像のリンク経由でネットから購入できます(*4)

演劇マンガですが劇中劇なんかもしっかりストーリーが立てられていて、ひとつの作品で何倍も楽しめる魅力があります。
また、演劇の為なら命がけな少女達の猛特訓なんかは、下手したら『巨人の星』並みのスポ根マンガのようです。
でもそこがまた面白い。

前世紀末(!)に41巻が出たものの、その後パッタリと新刊が出ていなかったのです。
しかもですね、まだ物語が終わってない。(と言うよりも連載が止まってます)
気がつけば私、主人公の年齢を追い抜いてしまってました。
間もなく速水真澄をも抜く勢いです。
なんて恐ろしい漫画・・・!(白目)

新刊が出るのは、半分諦めていたんですよ。
でも次の巻も5〜6年待たされるんだ、きっとそうだ。
数年間生殺しなんだ、きっとそうだ。

流れ星にお祈りしよう。
どうか私が月影先生の年齢を超える前には完結しますように。



さて、作者の美内先生は、連載時に掲載された原稿を再度書き直してコミックス化してます。
画風だけでなく、時には内容すらも変わってしまう事があるので、今回の新巻も恐らく連載時とは違う部分が多いはず。
今後の書き直しで、連載で掲載された亜弓さんの失明話は無くなるのか、その辺も非常に気になるところ。

私は連載で読んでおらず、コミックスのみなので何とも言いがたいですが、42巻は恋愛要素が丁寧に書き上げられている印象を受けました。
でも演劇的にはあまり話が進んでないのが残念。
ネタバレになるから多くは書きませんが、どうしても2つだけ言わせてください。

桜小路よ、君なんだかちょっと痛々しいぞ。」 ←反転すると読めます

そして、

ガラスの仮面に携帯やら写メールは似合わない。」 ←反転すると読めます



追記(2005/8/11)
2005年4月より、テレビアニメがスタート(*5)しています。
実は第1話からしっかり見ているんですが、ストーリーは原作に忠実ですね。
だがしかし、登場人物が全員美化されているのが解せぬ。
桜小路くんなど、もはや誰なんだか。
私は青木麗の耳の横のくるくる巻き毛が無い事と、一角獣の団長がサリーちゃんパパの髪型ではない事に、夜な夜な枕を濡らす始末でございます。(嘘)

それから衝撃的に驚愕したのですが『紅天女』が能楽公演される(*3)んですね。
しかも国立能楽堂。
冗談かと思ったら、ちゃんと公演情報(*6)にも載っていました。
公演期間は2006年2月24日(金) 〜 2006年2月25日(土) 。
前売開始日は電話予約で2006年1月9日(月)からだそうです。
ちょっと観たいかも。



(*1) 楽天ブックス

(*2) 『千の仮面』というサイトの考察によると、『花とゆめ』創刊と共に連載が始まったようです。
     約30年前という驚愕の事実。

(*3) 美内すずえ OFFICAL HOMEPAGE オリーブの葉っぱ

(*4) ぐるぐる王国 webshop

(*5) TV東京・Anime X-press

(*6) 独立行政法人 日本芸術文化振興会 オフィシャルサイト
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログのランキング
| comments (8) | trackbacks (2) | PERMALINK | PAGE TOP |
recommend ベルメゾンネット
コメント
コメントありがとうございました。
読みましたよ?。
でもあのラストは・・・。
あのまままた6年、たちっぱなしだったら
かわいそうですよね?。
| み〜すけ | 2004/12/19 21:54 |

>み〜すけさん
6年間立ちっぱなし、なんだかサッカー漫画でオーバーヘッドキックの姿勢で来週に続く時と同じように、余計な心配してしまいます。
はやく次巻でないかと、モンモンしている読者はいったいどれだけ居ることか。
昨日用があって実家に行ってきたのですが、実父が、あの漫画まだ続いているのか!!と驚愕しとりました。
| あんてな* | 2004/12/20 00:05 |

こんばんは。
私も連載読んでいなかったので判らないですけど、
時代が進みすぎな感じがしませんか?
だってマヤが住んでる家にはいまだに黒電話なのに
桜小路君の携帯は写メール機能までついてる...
おかしいw
| ぷれま | 2005/04/29 17:55 |

>ぷれまさん
そこはそれ、マヤのインテリア趣味はアンティークとか懐古主義・・・・いや違いますね。
なんつーかもう、美内すずえ先生の画風自体に現代的な要素って合わなくなってる感が否めません。
でも、深夜にテレビ東京でやっているアニメは、画風が今過ぎてついていけません。
でも、アニメなのに白目剥くところは称賛に値するのです。
| あんてな* | 2005/04/30 09:17 |

ガラスの仮面読みたいのに1巻がなかなか売ってないんです・・・読みたいんだけどな〜
今アニメ見るようになってはまってます。
演劇マヤちゃんくらい上手くなるさ〜♪
ガラスの仮面って舞台は1900何年なんですカ?
| ざわわぁ♪♪ | 2005/08/10 22:40 |

>ざわわぁ♪♪さん
新刊で探すよりも、案外ブックオフみたいな古本屋の方が置いていたり。
文庫版も出ているので、そちらを購入するのも手ですな。
実店舗で見当たらない場合は、割り切ってネットの本屋さんで購入すると確実かと。

ガラスの仮面の時代背景については、
http://www.geocities.jp/senkamen/ のサイトの年表がとても参考になります。
ちなみにこのサイトで知りましたが、ガラスの仮面って花とゆめの創刊とともに連載スタートしてたんですね。
驚愕。
| あんてな* | 2005/08/11 00:50 |

新作能 紅天女、東京公演が終わりましたが4月に大阪公演、5月に東京公演・再演もあるようで・・・。

見てみたいけどチケットが取れないですねぇ。
| neko | 2006/02/26 20:36 |

>nekoさん
先日の東京公演、実はチケット取りに奔走しました。
でも、結局手に入らず。残念。
相当なプラチナチケットになっているようですね。
テレビでやってくれないかなーと淡い期待を抱くこのごろ。
| あんてな* | 2006/02/26 22:45 |









コメントは全ての閲覧者に公開されます。プライバシーポリシー

公序良俗に反する書き込みや宣伝行為等はご遠慮ください。
内容によって、管理人判断で予告なく削除することがあります。
ご指導ご鞭撻や、個人的にお話しのある方はこちらからメールでお願いします。

recommend ベルメゾンネット
この記事のトラックバックURL
http://antenna.boo.jp/shopping/sb.cgi/73
*管理人の承認したトラックバックのみ表示されます。

話題に関連性の無いトラックバックはご遠慮ください。
同じ商品の購入レポートのトラックバック大歓迎です。
ただし、類似品などの場合は、内容によって、管理人判断で予告なく削除することがあります。
管理人のトラックバックの考え方はこちらをご覧下さい。
トラックバック
ガラスの仮面
安達裕美が北島マヤ役でドラマ化したので、知ってる方多いのでは?月影千草役の野際陽子がそっくりでしたね。 ドンくさいマヤが舞台の上で急に輝き出す瞬間が素敵です...
| 漫画大好きOLのブログ | 2005/11/20 18:17 |

「ガラスの仮面42巻」発売
緊急告知!! 「ガラスの仮面」HC最新第42巻発売!!前から気になってたんですが、今日発売だそうです。41巻が出たのが1998年12月・・・6年ぶりの新刊。まだ連載中ってのも新刊を待ち望んでる人が多いのも驚きです(笑...)
| BROblog | 2004/12/17 07:43 |

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...