買って・試して・レビューする! 自腹でモニターするおかいもの生活の記録。 私のあんてなに引っかかった1品を良し悪し関わらず発信中♪
HOME      ABOUT THIS BLOG      PRIVACY POLICY      RSS 1.0      ATOM 0.3      CONTACT ME
<< ダニ捕りシート | HOME | 綿平織洗えるキルティングラグ ブラウン >>
スッキリわかるFP技能士3級
【評価】 ★★★★☆

【感想】 とりあえず合格ラインの得点をさせる内容。親しみやすいので、勉強慣れしてない人にお薦め。

【購入】 1600円 Amazon.co.jp

【商品情報】 こちら(*1)

スッキリわかるFP技能士3級 (スッキリわかるシリーズ)左の画像のリンク経由でAmazonから購入できます(*2)


5月末までちょっと忙しくしていたのも更新が止まっていた理由の一つと書きましたが、実は5月27日に資格試験を受けてました。
この1年ほどの間、あまりにもいろいろな事がぐわっと身に降りかかり、自分の知識のあやうさに猛省。
自己啓発を兼ねてファイナンシャルプランナー3級を受験したのです。

で、おかげさまで合格しましたー。
まあ、あんまり難しい資格じゃないので、ちっともえばれないんですがね。
試験後に自己採点で合格だろう事は分かってましたが、7月4日にネットで結果確認した時は、モニターの前でニヤニヤしてしまった。
翌日には郵便でA4サイズの技能検定合格証書が届きましたよ。

なんか思った以上に立派な合格証書で、ちょっとびっくり。
受かりました
(ポストイットが置いてある部分は個人情報なのでご勘弁を。)

あなたや家族の夢や目標をかなえるには、まず、実現までの計画をしっかり設計することが大切。
この人生設計がライフプランのことです。
そして、夢や目標をかなえるには、計画的に資金を用意しておくことがポイント。
あなたの夢や目標に対して総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法がファイナンシャル・プランニングです。
このためには、金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度などの幅広い知識が必要になります。
これらの知識を備え、あなたの夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートするパートナーが、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

FP(ファイナンシャル・プランナー)とは?より(*3)

こうあるように、FPの知識は社会人として知っておくべきカテゴリーが網羅されてます。
最近では3級が就活生の必須資格みたいになってるようですね。

試験の主催には2つの団体があります。
金財FP協会なのですが、どちらで受かっても同じくFP3級扱い。
一般的に受験者が多いのは前者のようです。
内容は学科と実技で、どちらもマークシート式なのですが、学科に関しては金財もFP協会も共通。
つまり、違いは実技の内容のみ。
金財の3級実技は『個人資産相談業務』か『保険顧客資産相談業務』のどちらかを、FP協会の3級実技は『資産設計提案業務』のみ。
保険業界に従事しはじめた人やその業界に就職を希望する人は金財を受けると思われるので、その辺りも金財の受験者数を押し上げている要因かもしれませんね。
普通の人は金財の『個人資産相談業務』かFP協会の『資産設計提案業務』で受験しますが、内容的に難しいのは金財と言われています。
内容が難しく問題数が少ないのが金財で、内容が易しくて問題数が多いのがFP協会と思っていていいんじゃないかな。
どちらで受験するかは好みだと思いますが、ただ受かりたいだけならFP協会、2級を見据えて実力をつけたいなら金財かなあ。

ちなみに私は、チキンなのでFP協会で受けました☆テヘペロ。
問題数は確かに多いですが、実技の試験時間60分のうち見直し3回ぐらいできる程時間余るので、あんまり気にすることないかも。
学科に至っては試験時間120分で60分たったら途中退席が認められていますが、9割がたの受験生が一斉に途中退席するぐらい時間余ります。
私も見直し3回してからサクッと途中退場しました。


試験勉強なんて久しぶりで、脳みそもすっかりなまった私流独学でなんですが、勉強方法を簡単に。

[テキスト]
・スッキリおぼえるFP技能士3級

[問題集]
・スッキリとける過去+予想問題FP技能士3級
・直近の過去問4回分(FP協会の過去問と模範解答はこちらでDLできます)

[勉強方法]
1)スッキリテキストを音読しながら1回流す(全体像を掴むためなので理解できてなくて良し)
2)ネットで講座受講(詳しくは後述)しながら、スッキリテキストに書き込み
3)スッキリテキストの分からない言葉などを調べてガツガツ書き込む
4)暇さえあればスッキリテキストに目を通し、載ってる過去問を解く
5)スッキリ問題集を3回以上
6)プリントアウトした直近過去問を3回

大体こんな感じでした。
実質勉強期間は1か月半ぐらいかな。

特に1)の全体像を掴むことはとても大事。
ライフプランニングやら金融資産運用やらタックスプランニングやらと、大きく分けて6つの分野を学ぶ事になりますが、実はどれも互いに密接に繋がってたりします。
ゆえに、テキストを最初から順番に読んでいっても分からない部分がよく出てくるのです。
木を見て森を見ずって訳ではありませんが、目先のよく分からない事にとらわれていると全く進めなくなってしまい、「私ってこんなに頭悪かったのか」とネガティブになって勉強したくなくなってしまうので、理解できなくて当たり前ぐらいの気持ちで流しつつ、とにかく最後まで突き進みましょう。
全体像が見えてくると、途端に前に分からなかった所がカッチリと繋がって理解できてきたりします。

あと、Eテレの企画で福田萌さんが1月に3級受験して合格しましたが、彼女のようにがっつりノートを作る必要はないですよ。
テキストに書き込んでいけば十分。

テキストは取っつきやすくTACのシリーズを使いました。
スッキリおぼえるFP技能士3級&スッキリとける過去+予想問題FP技能士3級
イラストも多く、くだけた文章も親しみやすいテキストです。
もっとカチッとしたテキストも立ち読みしましたが、目が滑ってやる気になれなかったのでやめました。
勉強慣れしてない人にはスッキリがお薦め。

こちらは現時点での最新版。
法改正なんかも反映されているはずなので、今から買う方はこちらをどうぞ。
スッキリわかるFP技能士3級 (スッキリわかるシリーズ) 2012-2013年版 スッキリとける過去+予想問題 FP技能士3級左の画像のリンク経由でAmazonから購入できます(*2)

ただし、スッキリのテキストはあくまでも「全部できなくてもとりあえず合格ラインの得点をさせる」程度なので、最低限の要点テキストと思った方が良いでしょうね。
細かい用語説明なんぞ期待できないので、その都度ネットで検索しながら調べていかざるを得ません。
それはそれで逆に印象づいたりするので、覚えやすい気もしましたが。

お薦めなのは、栗本大介先生のFP3級講座を受講すること。
無料でネットの講義を受けられます。
これを受講しながら、スッキリテキストの余白にガツガツ書き込んでいく。
ガツガツ書き込む
100分講義×18回分なのでちょっと時間かかりますが、栗本先生の説明はすごく身近な例えが出てきたりしてわかりやすくていいですよ。
一度流し読みしたテキストの知識が定着しやすくなり、講座受講後にテキストを読むと理解度がぐっと上がります。
時間のない人は、自信のない分野や理解できてない項目だけをピンポイントで受講するといいんじゃないでしょか。

ここまで来たら、あとは問題集と過去問を解きまくりながら知識のインプットとアウトプットを繰り返すだけ。
これで十分満点近く取れると思います。
ちなみに私は学科55/60点(5問ミス)、実技95/100点(1問ミス)でした。
ほとんどケアレスミスだったので、試験慣れした人なら満点いける事でしょうね。
参考になったかわかりませんが、こういった分野はほぼ初学の私ですら受かるんだから、ほとんどの人が受かると思う。
9月受験予定の人でも、3級なら今から十分間に合うので頑張ってくださいな。

勉強してみて思ったのは、FPの勉強って(試験を抜きに考えれば)面白いなという事。
特に年齢を重ねた人や主婦ほど実生活に関わりが深かったりするので、面白さが増すと思います。
受験するしないは別としても、勉強しておいて損はないですよ。



(*1) TAC出版書籍販売サイト CyberBookStore

(*2) Amazon.co.jp

(*3) 日本FP協会 オフィシャルサイト
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログのランキング
| comments (0) | trackbacks (0) | PERMALINK | PAGE TOP |
recommend ベルメゾンネット
コメント








コメントは全ての閲覧者に公開されます。プライバシーポリシー

公序良俗に反する書き込みや宣伝行為等はご遠慮ください。
内容によって、管理人判断で予告なく削除することがあります。
ご指導ご鞭撻や、個人的にお話しのある方はこちらからメールでお願いします。

recommend ベルメゾンネット
この記事のトラックバックURL
http://antenna.boo.jp/shopping/sb.cgi/737
*管理人の承認したトラックバックのみ表示されます。

話題に関連性の無いトラックバックはご遠慮ください。
同じ商品の購入レポートのトラックバック大歓迎です。
ただし、類似品などの場合は、内容によって、管理人判断で予告なく削除することがあります。
管理人のトラックバックの考え方はこちらをご覧下さい。
トラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...